TOP    株式会社 カワナカ  川中商事 株式会社  株式会社 川中建設
 
 株式会社 カワナカ
 各種お問合せのお電話はTEL 086-523-5250
特 徴

スピーディードライヤーの食品リサイクル対応システムは、本体の高速減容処理機のすぐれた減容・乾燥能力による食品残渣の再利用システムと・熱源であるECOボイラーによってもたらされる環境特性と経済性により、新しい時代の食品リサイクルの複合システムとして高い事業性を有します。
スピーディードライヤーは10年以上の実績を持ち多用な残渣処理を行ってまいりましたが、ECOボイラーと出会い、いっそうの効率化・環境性能のレベルアップを図ってリニューアル
いたしました。
(特徴)
   ・実績のある高速減容乾燥機
   ・カーボンニュートラルの高い環境性能
   ・ランニングコストが最少で収益性の高いビジネスモデル

本システムは廃棄物再生利用によるペレットをECOボイラーの燃焼熱源とし、有機性残渣物高速処理機「スピーディードライヤー」で、有機性残渣物等を高速減容し減容化された残渣物を良質な肥料・飼料化し、また減容化された残渣物をECOボイラーの燃焼熱源にする、ゼロエミッションに対応可能な、循環型残渣物処理システムです。
 
 スピーディードライヤーの特徴
  実績のある高速減乾燥機です。    
   スピーディードライヤーは平成11年より27台の販売実練のあるシステムです。
  シンプルイズベスト!
   ドライヤーの構造はバトル式のシンプルなシステムで、メンテナンスフリーの安定的な装置です。
  複雑な管理のいらない親切設計。 
     バイオ式等と異なり、破砕・乾燥のシンプルな装置でのメ リットが生かせます。  

スピーディードライヤー   ペレタイザーと破砕機
 スピーディードライヤー    ペレタイザーと破砕機
     
分別機    分別機
 分別機   分別機 
 
 
  ECOボイラーの特徴
  C02を大幅削減でき環境性能にすぐれます。    
   カーボンニュートラルにより木質燃料のCO2発生は±0と なります。CO2削減で社会貢献できます。
木質チップでの利用も可能です。
   ボイラーは木質チップを効率的に燃焼でき、経済的なランニングコストで運営できます。
  システムの安全設計により連続運転できます。
     燃料の安全供給システムとして木質チップの供給機を特別に設計しています。また万一のチップ供給が止まった
 場合の為に石油の補助システムが用意されており、万全です。
       
 
  テーマは「バイオマスのリサイクル」 
バイオマスのリサイクル 燃料として産業廃棄物の再利用!!
  ⇒ 間伐材等木質・食品残渣物・フラフ等の燃料化!!
  ⇒ RPF・RDFの再利用!!
  ⇒ 新エネルギー源の創出!!
新エネルギー利用による燃料費のコスト削減!!  
  ⇒ 化石燃料からの解放によるCO2削減!!   
循環型社会形成ゼロエミッションへの貢献!!
 
 
5万kcal温風タイプ 12万kcal温水タイプ
 5万kcal温風タイプ     12万kcal温水タイプ  
 
 「バイオecoボイラー」システムの概要    バイオecoボイラーの仕様
 「バイオecoボイラー」システムの概要   放 熱 能 力
   各50,000kcal/h 
       ~500,000kcal/h 
燃 料 方 式
   火口燃焼空気自動供給方式
燃    料
   木質ペレット燃料
  チップ燃料
点 火 方 式
   灯油バーナー点火方式
運 転 方 式
   設定温度による完全自動運転方式
  
     
※ 機種タイプにより放熱能力は異なります。 
 
 バイオecoボイラーの特長    バイオecoボイラーの用途
燃料源は産業廃棄物等の再利用による 新エネルギー
低ランニングコスト
  新エネルギー源利用により、化石燃料の利用を
  最小減に抑えることができます。
  重油・灯油との価格比較の場合、約1/3~1/4のコストで
  対応可能。
環境に優しいエコボイラー
  CO2削減の大幅な削減可能に!!
  循環型社会ゼロエミッションへの社会貢献が可能です。

温風(熱交換機)による直接温風供給利用
  ビニールハウス内等の暖房熱源、工場等の
  暖房熱源
温水(熱交換機)による直接温風供給利用
  温泉施設 温水プール 養殖施設 
温水循環型用途として
  冬場の融雪施設 温室栽培 温室飼育 
  各種施設の暖房利用
 
   
12万kcal 温風エコボイラー   12万kcal 温風エコボイラー
 12万kcal 温風エコボイラー    12万kcal 温風エコボイラー
 
 
 
 TOP  中間処理場  仕様  特徴  残渣物処理試験  納入実績  会社概要
 KAWANAKA GROUP
.
Copyright (c) KAWANAKA GROUP , All Rights Reserved.